軽自動車の重量税の知っておきたい8つの知識

軽自動車の重量税の知っておきたい8つの知識

軽自動車の重量税と言われても名前だけは見たことや聞いたことはあるけど、重量税とはどんな税金なのか?
自分の乗っている軽自動車にも重量税はかかるのか?
重量税はいつ支払えばいいのか?
と意外と知らない人が多いのではないでしょうか?


軽自動車の重量税に関する7つの知識

軽自動車の重量税と言ってもいったい何の為の税金なのか?
軽自動車を購入する時も『払わないといけない税金なのです』と言われると言われるがままに、仕方なく納付している人がほとんどではないでしょうか。
そんな重量税について分かり易く説明していきます。

①軽自動車重量税

軽自動車の車検などの時に軽自動車の重量等に応じて課税される国税のことを言います。

②自動車重量税法とは?

自動車重量税法とは、自動車重量税の課税物件・納税義務者・課税標準・税率及び納付の手続、その他自動車重量税の納税義務の履行について必要な事項を定めるために制定された法律の事を言います。

③軽自動車重量税の課税物件

課税物件とは、車検を受ける軽自動車、軽自動車を所有する時に届出を行う車のことを言います。

④軽自動車重量税納税義務者

軽自動車検査証の交付等を受ける者及び車両番号の指定を受ける者のことを言います。

⑤軽自動車の課税標準

軽自動車の検査及び届出する自動車の数量とし、税率は軽自動車検査証の有効期間が3年の場合に0.5トンごとに軽自動車については7,500円(1年当たり2,500円)となっています。

⑥重量税納付手続き

軽自動車検査証の交付など及び車両番号の指定を受ける時までに、その税額に相当する金額の自動車重量税印紙を軽自動車重量税納付書へ貼り付けて納付します。

⑦軽自動車重量税の減免措置

環境性能に優れているまたは、環境負荷の小さい検査自動車について、平成27年5月1日から平成29年4月30日までの間に、新車新規検査・予備検査により自動車検査証の交付を受ける場合に、軽自動車重量税が燃費基準・排出ガス基準により減免されることをいいます。

⑧軽自動車重量税の還付

還付対象となる軽自動車は、車検証の交付を受けている車両のうち、永久抹消手続きを行った後に自動車リサイクル法に基づいてリサイクルされた軽自動車が重量税の還付を受けることが出来ます。


いかがだったでしょうか?

重量税を意味も分からず支払うのと、少しでもその意味を理解して支払うとでは全然気分が違いますね。

法律により納付することが義務づけられている税金なのですが、途中で自動車を手放す時など返納や還付が受けられるかもしれないので、少しでも無駄をしないように手続きして下さい。

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ