中古車販売で利益を出す5つの方法

中古車販売で利益を出す5つの方法

リサイクルが盛んな昨今、中古品を販売、転売して利益を出すビジネスが活況です。

しかし「中古車を販売して利益を出す」となると、ハードルが高そうで、個人では参入できないイメージがあります。

ところが中古車の販売大きな利益を出している方はたくさんいます。
さあ、あなたも中古車販売で利益を出してみませんか?


中古車販売で利益を得る5つのアプローチ

中古車の販売で利益を出すには、いくつかの方法があります。

「個人が車の販売なんて難しいのでは?」と思われがちですが、そこまでハードルは高くなく、かつきちんと利益が出るビジネスなのです。

それでは、中古車の販売方法について見ていきましょう。

①国内で仕入れて海外で販売

中古車販売のビジネスで始めるハードルが低く、利益が出やすいのが「輸出転売」です。

中古車の輸出業は「受注してから代金を前払いでもらって仕入れる」のが基本ですので、ローリスクで利益をあげられます。

さらに車は仕入先から現地に直接販売するため、駐車場等の保管場所を確保する必要もありません。

国内販売よりも競合が少なく、日本の中古車の需要が高い海外に輸出して販売するのは、利益が出やすいビジネスといえます。

②一括査定でより大きな利益

買い取り専門店など、中古車の売却先はたくさんあります。

しかし、1円でも高い利益を求めて多くの店舗で査定してもらうのはかなり大変。
そこで便利なのが、インターネットを使った「一括査定」。

複数の査定額を比較できるのはもちろん、業者間で一斉に仮査定がスタートして価格競争が生じるため、買取額がアップします。

より高い利益をあげられるよう、複数のサイトに申し込むことをお勧めします。

③オークション代行の利用

主催団体にもよりますが、中古車オークションには古物商許可証はもちろん、保証金や自動車店として販売の実績などがないと参加できない所が多いです。

そもそも中古車オークションは、中古車業者の参加が前提だから。
そこで利用したいのがオークション代行。

オークションに参加する資格を持った業者が、あなたに代わってオークションに参加して中古車を売却してくれます。

④ネットオークションに参加

アイオークやAS NETといった中古車のネットオークションなら、古物商許可証があれば、実店舗や展示スペースがなくても参加が可能です。

パソコンから全国のオークション会場に出品されている中古車を落札できますので、落札額と販売額の差額で利益を出すこともできます。
また、見込み客とともにパソコンを眺め、その場で落札して、お客様へは仕入れ値で販売して、手数料を利益とするという形をとることもできます。

⑤個人売買仲介ビジネス参入

中古車を買い取り専門店などに売却すると、その後業者オークションを経由して中古車販売店に渡ります。

例えば150万円で売却された中古車が、次の販売店で200万円で販売された場合、その差額である50万円が業者の利益になります。

しかし、個人売買であれば中間流通業者が介在しないため、費用を大幅に削減できます。
さきほどの例でいえば、仲介として160万円で買い取り、190万円で販売することで、売り手は10万円高く、買い手も10万円安く手に入り、30万円が利益となります。


いかがだったでしょうか?

中古車の販売は意外と利益があげられそうと感じた方も多いのではないでしょうか。

まずはリスクの低い輸出転売から始めて海外へ販売し、利益をあげるのも良いでしょう。
収益性が高いビジネスですので、副業からいずれは大きな利益をめざして本業へとシフトしていけると良いですね。

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ