車の個人売買で気を付けるべき5つのポイント

車の個人売買で気を付けるべき5つのポイント

あなたは車の個人売買に興味がありますか?
インターネットが発達した現在では、容易に車の販売希望者、購入希望者を見つけられます。

しかし、顔が見えない相手との車の個人売買は、車という高級品を扱うには気を付けるべき点が多くあります。
車の個人売買でトラブルにならない気を付けるべき点は何でしょうか?


車の個人売買で気を付けたい5つのポイント

インターネットを利用した車の個人売買で気を付けたいポイントは多くあります。
利便性の高さ故に、悪い人も車の個人販売に利用しているのは事実です。

そこで、車の個人売買でトラブルにならないように気を付けるべき5つのポイントをまとめました。

①個人情報取り扱いで気を付ける点

インターネットは、情報を半永久的に保存出来ます。
その為、一度個人情報が流出してしまえば全て消すのは難しいです。

ですので、車の個人売買の際には本人確認が出来る情報、例えば車の運転免許証の番号等はむやみに教えないよう気を付けましょう。

②購入者側の場合に気を付ける点

最重要点として気を付ける事は、車の個人売買で販売する側と連絡がとれる事が前提です。
その上で気を付けたい点は、個人売買する車が盗難車であるかどうかです。

車の個人売買の弱みとして、思わぬ所からトラブルになる事があるという事です。
最悪の状態を想定して事前に対処出来るよう気を付けて、公共機関に確認をしておきましょう。

③販売者側の場合に気を付ける点

②と同様に個人売買では車の購入者と連絡がとれる事が最重要です。

そして、車の個人売買で気を付ける点は現金の分割払いについてです。
相手の事情により、一括で支払えない場合があります。

トラブルを避ける為に個人売買では一括のみで受付ましょう。
どうしてもの場合のみ、免許証の写しなどの代わりに請求しましょう。

④名義変更の際気を付ける点

車の個人売買する際、名義変更は一番トラブルになるので気を付けましょう。

名義変更が行われなかっただけで、車の個人売買自体が無くなる事も気を付けてください。

また、自動車税の課税は4月1日です。
この日を跨いで名義変更した場合自動車税がかかってきますので注意しましょう。

販売者側が必要事項を事前に記入しておき、購入者側が書類を公共機関に持っていくのが一番スマートなやり方です。

⑤車の状態確認の際気を付ける点

個人売買する前に車の状態が分かる写真を中と外から複数の角度で写してもらい、メールしてもらいましょう。

車の搬送後、自身の目で傷があるかの確認するよう気を付けましょう。
車に傷の修繕費が必要になった場合の話し合いの材料になります。


いかがだったでしょうか?

車の個人売買には、気を付けなければいけない点が多く存在します。

書類等の目立つ部分にばかり注目が行きがちですが、細かい点の見落としも車の個人売買ではトラブルの原因になってしまいます。

車の個人売買の際には、隅々まで確認するよう気を付けましょう。

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ