海外に車を輸送する5つの方法と裏事情

海外に車を輸送する5つの方法と裏事情
普通に暮らしていると仕事ではどうやっているか分からないものが数多くあります。
車の海外輸送もその一つでした。

海外に輸送するための手続きはもちろん、実は車の海外輸送には方法が幾つかあります。
しかもそれにまつわる裏事情も。

では、実際に車の海外輸送の方法と裏事情にはどのような事があるのでしょうか?


海外に車を輸送する5つの方法と裏事情

海外に車を輸送する方法には様々な方法があり、ちょっとした裏事情もあります。
今回は、そんな海外に車を輸送する方法とそれにまつわる裏事情をご紹介します。

①有限会社橋本通商を使う

海外全般で、車の海外輸送をしている会社です。
実は車の大きさによって料金が異なり、コンパクトなら43000円と海外運賃で輸出できるのがメリットのコスパな会社です。
海外輸送の実績も多々あるので安心できる会社でもあります。

②海外輸送サービスAIDを使う

シッピングチャージや海上運賃などの内訳を細かく出してくれる会社です。
裏事情ですが、安価な会社の場合、船内輸送もガサツな場所だと少しの揺れで隣の車とぶつかったり、海の風にさらされて錆びたりということがあります。

しかし、AIDではコンテナ船になっているためパーキングスペースがきっちり完備され、多少の揺れでは傷が付かないようになっています。

③日本通運を使う

言わずと知れた引っ越しの老舗会社です。
車の海外輸送も行っていて、「ハートライナー」というサービスがあります。
裏事情ですが、結構手続きがしっかりしているので用意する書類が多く面倒です。

④CAMELJAPANを使う

アメリカ、イギリス、ドイツに車を海外輸送するのに特化した会社です。
裏事情では、円高の影響からか輸入して安価で高級車を手に入れるのが主流になっているそうです。
例えば、日本で900万円ぐらいの車が海外だと400万円ぐらいなので車の海外輸送をしても安く済みます。

⑤CIENCARSを使う

イギリス・マレーシア・ニュージーランド・オーストラリア・オランダ・ドイツの海外輸送を専門にしている会社です。

一回、預かってから車のナンバーを変えるまでに2か月程かかるそうです。
また、車が到着するまで代車サービスをしてくれる良心的な会社です。

裏事情として通常の輸出業者は、税金を払って車を持ち込んでいます。
長期ビザで車を一定期間所有していれば、TAXFREEで輸入時にかかる関税や輸入税などが免除され、車を運べる国が多いです。
ですので、輸出業者よりも安い価格で車を持ち込める場合もあります。
そのような相談もしてみるのも一つの方法でしょう。


いかがだったでしょうか?

たくさんの海外輸送会社がありますが、今回紹介した会社はすべて実績があり、比較的に安価な会社です。
しかも裏事情を知っていれば、効率的な海外輸送が可能になるでしょう。
ぜひ、ストレスにならないような安全な車の海外輸送をしてくださいね。

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ