軽自動車の自賠責保険加入について知っておきたい5つの事

軽自動車の自賠責保険加入について知っておきたい5つの事

軽自動車購入と同時に保険への加入を一緒に考える方は多いのではないでしょうか。
それは任意保険なのですが、自賠責保険の存在はご存知でしょうか?

「知ってはいるけど内容となると知らない」と言う方がほとんどだと思います。
軽自動車を購入すると必ず加入されている自賠責保険の補償内容とは?


軽自動車の自賠責、知るべき5つの疑問

軽自動車を運転する際には自賠責の加入が法律で義務づけられています。
加入してる証として、自賠責保険証明書を常に携帯しなければなりません。

軽自動車を運転する際に法律で携帯が義務づけられている自賠責について質問形式で説明します。

①自賠責保険の目的は?

自賠責は自動車損害賠償保障法という法律により加入が義務づけられています。

自賠責は自分の意思とは関係なく強制的に入らなければならないので、別名『強制保険』とも言われています。

軽自動車を運転していた際に起こした事故により、他人を負傷あるいは死亡させたりし、被保険者が損害賠償の責任を負った時に、その損害に関して保険金が支払われます。

事故から被害者を救済する事をを目的としています。

②証明書不携帯は?

法律で自賠責に入っている証として、証明書を常に携帯しなければならないのですが、万が一証明書を携帯しないで軽自動車を運転した場合は30万円以下の罰金となります。

証明書の携帯は軽自動車を運転する者の義務です。

③未加入で運転したら?

自賠責に入らず軽自動車を運転するという行為は法律違反です。

その場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に加え、自賠責に入っていないと言うだけでも交通違反となりますから6点の違反点数となります。

6点の違反点数なので免停となり軽自動車の運転はもちろん出来なくなります。

また事故で相手を死傷させてしまった場合、自賠責に入っていないので保険金は出ません。

④事故した時の補償は?

自賠責は軽自動車運転中の事故により相手が死傷した場合の賠償を行う保険なので、相手の車や電柱・建物等の物損、自分の軽自動車や自分の怪我への補償はありません。

相手の車や物損、自分の軽自動車、自分自身の怪我などの補償には自賠責とは別の保険へ加入する必要があります。

⑤保険会社で料金違うの?

法律で義務づけられた保険なので何処で加入しても普通自動車も軽自動車も保険料は同じです。
ほとんどの場合は、軽自動車の購入時か車検の時に加入しているものです。


いかがだったでしょうか?

軽自動車購入時から自賠責は入っていますが、最低限の補償しかありません。
自賠責に加入していても相手を死亡させる事故を起こしてしまった場合は上限3,000万円しか補償されません。
軽自動車を運転する上で自賠責の補償だけでは十分でない事が分かります。

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ