軽自動車は安全性が低いを払しょくさせる5つの考え

軽自動車は安全性が低いを払拭させる5つの考え

軽自動車は安いし維持費もかからないけど、いざ事故を起こした時に安全性が高くなさそうで心配。
最近は軽自動の安全性が高くなったっていると言うけど、「いまいちピンとこないし、機能が追加されすぎてよく分からない!?」なんて方も多いのではないでしょうか?


軽自動車の安全性を向上させた5つの機能

最近の自動車業界の主流は軽自動車が右肩下がりで成長を遂げています。
軽自動の安全性が低いというイメージを各メーカーは払しょくさせようと新機能を追加したラインナップを続々と発表しています。

①自動で危険を察知してブレーキ

数年前から装備が始まったこのシステム。
前の車をカメラやレーダーなどで察知し、衝突を防ぐために自動的にブレーキが作動し、追突防止につながります。

最近では軽自動車にも多く採用されており、軽自動車の安全性を高め、未然に事故を防止するといった役割のもと採用されています。

この機能、「軽自動車にも付いているのに驚いた!」「安全性向上機能であると体感しやすい!」と評判も上々です。

②誤発進も防いでくれる

意外とやってしまうのが踏み間違えによる誤発進です。
誤発進機能は前方の障害物をレーダーで感知し、制御してくれます。
軽自動車でも多くの車両に搭載されております。
また、後方を察知する後方誤発進抑制制御機能というのも軽自動車に採用され始めております。

③横滑り防止機能

軽自動車は曲がる時にフラフラしてしまう。
雨の高速道路などでコーナーに侵入した時に安全性に欠けている気がして不安になるといった経験をした方って意外と多いのではないでしょうか?

最近の軽自動車には横滑り防止機能が装備されており、ブレーキ操作などがコンピューターで管理されるので、軽自動車特有のロールを感じる事も少ないでしょうし、電子制御的にも安全性の向上へと繋がっています。

高速走行時ほど安全性は気になるもので、軽自動車ですとイザという時の安全性は非常に重要な部分です。

④全方位をカメラで確認

いくら道路上で事故が起きないように安全性向上の工夫がされていても、意外と多いのが駐車場での擦りです。

この、駐車時の事故を防ぐ為の機能としてアラウンドビューモニターという機能が登場しました!
駐車時の安全性向上という意味で装備が進んでおり、駐車の際に全方位が画面上で確認できるという優れものです。

日産の軽自動車に多く装備されており、この機能も今後安全性向上の為のスタンダード機能となるでしょう。

多くのユーザーからは「他メーカーの軽自動車だけどこの機能はほしい!」「女性の運転でも安全性が向上しているので安心できる!」「軽自動車なのに高級車のような機能にびっくり!」と評判を得ています。

⑤ボディ剛性アップ

「軽自動車は事故を起こした時の安全性が低そう。」「軽自動車のフロントってすぐ潰れるんでしょ。」「軽自動車って安いから安全性の追求がされてなさそう。」などのイメージをお持ちの方は多いと思います。

しかし、最近の軽自動車は事故を起こさない為の安全性向上機能を多く装備おり、もし万が一の時の軽自動車の安全性の追求は世界的にみても日本はハイレベルです。

ボディ全体の強度をあげる為に効率よく補強が入り、軽自動車だからエアバックが少ないなんてこともなく、安全性に特化した機能装備になっています。


いかがだったでしょうか?

最近の軽自動車は思っている以上に安全性向上への考えが高く、一昔前の軽自動車の安全性に比べると格段に安全性向上機能が多く装備されています。
日本の軽自動車は安全性が高いと世界からも評価されているんです。

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ