軽自動車の保険料を安くする7つの技

軽自動車の保険料を安くする7つの技

軽自動車に乗っていて、人からは維持費が安いからいいねとか言われるけど、でもやっぱり高いです。
ガソリン代とかは仕方がないですが、なんといっても保険料が高いです。
そこで今回は、軽自動車で保険料を安くする方法を紹介します。


軽自動車の保険料を安くする7つの技

保険料は、自賠責だけでという方もいますが、任意保険に加入しておかないと事故にあった場合は、とり返しがつかなくなります。
近年、老若男女問わず、軽自動車が人気なのでスポットをあて、保険料を安くする方法を紹介します。

①親から等級を引き継ぐ

軽自動車の任意保険に加入するとだいたい6等級スタートで、取得したばかりだと保険料も割高なです。

しかし、等級の引継制度として親の等級を引き継がせることができるので、20~30代の方が加入する場合は適用したほうが安価で済みます。

②運転者限定特約を利用

運転する方や環境によりますが、軽自動車の保険の対象を変更できます。

運転者本人限定・運転者家族限定・運転者本人・配偶者限定がありますので、運転者本人に限定した場合は保険料が安くなります。

③年間走行距離を減らす

軽自動車の保険料の項目には、年間の走行距離で決まる項目もありますので、走行距離を減らすことによって少しは安くなります。

④保険会社の割引サービスを適用する

保険会社によって、特別な割引サービスがあったりします。
例えば、イモビライザーやエアバックの有無、エコカーやゴールド免許の割引等です。
自分の軽自動車や状況によって変えるのをお勧めします。

⑤1年間の保険料を一括して支払ってしまう

軽自動車の保険料1年分を分割して支払うのと一括支払いの場合だとトータル保険料が違ってきます。
資金に余裕がある場合は、一括払いをすると保険料が安くて済みます。

⑥保険会社を見直す

軽自動車の任意保険会社は様々な会社があり、その会社によって金額や割引に差があります。

比較する保険会社はインターネットでもできますので、見積して最安値の会社に乗り換えることをお勧めします。

⑦任意保険を辞める

究極の選択肢として軽自動車の任意保険を解約して自賠責にする方法で保険料のコストは減ります。

しかし、軽度の事故ならまだ良いですが、重度の事故の場合は、負債総額で払えなくなる場合があります。


いかがだったでしょうか?

①~⑦の項目を併用し実施すれば、保険料が半額になることもあります。
ですが、それには色々と制約がつきますので、よく考えてから自分にあったプランにしましょう。
ぜひ、この機会に軽自動車の保険料を見直してみてはいかがでしょうか?

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ