初心者の知らない運転の5つの暗黙ルール

初心者の知らない運転の5つの暗黙ルール

自動車学校で運転免許を取った初心者がいざ一般道へ!
しかし、そこには学科や法規では教えてくれなかった、運転初心者には分かりにくい一般の暗黙の了解的なルールが存在します。
それでは運転における暗黙のルールとはどのようなものでしょうか?


初心者の知らない運転の5つの暗黙ルール

初心者はとにかく運転法規を守っていれば問題は無いと思いがちですが、実はその法規に書いてない事や場合によっては法規違反の範疇の暗黙のルールがあります。
この暗黙ルールについて運転における実例を挙げて説明します。

①非常点滅灯(ハザードランプ)

本来は故障などで直ちに運転出来ない場合に点滅させるものでしたが、時代と共に高速道路などで前方が渋滞してる時、点灯させるような事も法的に認知されてきました。

しかし、後続車へ「ありがとう」の意味で点滅させたり停止の瞬間に点滅させたりなど、範囲外で使用される事も多々あります。
いきなり両方の指示器が点滅して急停止されると真後ろはかなり混乱します。

これが初心者が最初に遭遇する運転の暗黙ルールでしょう。

②直進車が対向右折車に道を譲る場合

片側一車線道路でこちらが交通量が多く直進側で対向右折車が曲がれず止まっている時。
自分の後ろにも後続車多数の時はあらかじめ減速し、先行車との車間を空け対向側右折を行かせてあげましょう。

しかし、自分の後ろに後続車が居ない場合は止まらず突っ切りましょう。
相手側の運転者は最後一台が通過するのを読んで待っています。

それを運転初心者の律儀な優しさであえて減速停止されると、相手からすれば逆にタイミングが外れて無駄な時間がかかったりいらっとしたり。

「お前がさっさと行けばこっちはすぐ曲がれるのに」人の感覚はこんなもの。
ストレス過多な最近のご時世では知っていて損のない運転暗黙ルールです。

③前方に混雑する右折レーンが有る場合

片側一車線から前方の直進・右折2車線に増える場合で自分は曲がりたいが先行右折が多くぎりぎり手前の1車線部分で待ってる時。

運転初心者は分からないと思いますが、センターラインを右へ踏み越して(道路構造にもよりますが可能なら)先行の右折レーンの停止車の真後ろに付けましょう。
これで後ろの直進車を通過させる事が出来ます。

法規違反ですが、朝の通勤ラッシュでこれを怠ると後ろの殺気立った後続車にクラクション鳴らされトラブルになる事もあります。
身を守る意味での暗黙ルールです。

④無法自転車は治外法権と割り切る

車線逆走・信号無視・脇からの飛び出しその他諸々。
運転初心者から見て最も納得がいかなくまた危険な存在であるのが、ルール無用の無法自転車です。

だが残念ながら日本の法律は不合理です。
弱者救済に偏り過ぎで例え逆送自転車でも車とぶつかって怪我をした場合、裁判になっても車側が負ける場合がほとんどです。悪質原付バイクも似たり寄ったりと邪魔です。

ですから決して相手にせずかわす事に徹しましょう。
背に腹は代えられぬ。腹立たしいがこれも運転における暗黙のルールの一つです。

⑤対向が大型車の場合の注意

右折待ちしていて信号が黄色になって対向車が止まるはずだからさあ行こうと思っても、対向車が大型車特にダンプの場合は要注意です。

最近の信号は青からいきなり黄色に変わる所が多く乗用車でも突っ込んできますが、ましてや重量のある大型車は物理的に止まれない事情もあり余計に突っ込んでくる確率が高いです。

無理に右折して衝突したら最低大破は免れません。赤信号に変わるまで待って通してやる位のタメが運転初心者には特に必要です。
これもよくある暗黙のルールです。


いかがだったでしょうか?

運転初心者にとって見落としやすい巷の暗黙ルールの実例をいくつか上げてみました。
但しこれらはローカルな暗黙ルールもあり住んでいる地方によって変わってくる物もあります。

暗黙のルールというのは所詮運転経験を積むことによって見えてくるという事実は、いかなる分野の初心者にとっても共通して言える事なのです。

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ