外車の維持費は思ったより高くない5つの理由

外車の維持費は思ったより高くない5つの理由

日本車にはないデザインに惚れてしまった。
頑張って外車を買っても維持するのに精一杯になってしまうぐらい外車の維持費って高いんじゃないの
故障したら車1台分ぐらいの修理費かかるんじゃないの?
と思って購入を諦めていませんか?


維持費が下がり意外と身近になった外車

独特のデザイン、質感、ステータス。
ここに惚れてしまうのが外車の最大の魅力です。

しかし、維持費が高いと躊躇してしまう方が多いのも事実です。
ここ最近の外車の流れでは国産車とさほど変わりないか、国産車よりも安い維持費になっています。

①外車は排気量が大きいのは昔の話

昔の外車は4,000cc越えは当たり前。
高い維持費を払いV8エンジン等といった大型エンジンが搭載されていて、アクセルを踏み込めば力一杯の加速を見せつけるのが外車の魅力です。

しかし、最近の外車はダウンサイジングターボというエンジンを小さくして、加速をターボでカバーするのが主流になっています。
この事で、排気量が小さくなるので税金が安くなり、維持費削減になります。

②燃費が悪いのも昔の話

ハイオクで5kmしか走らない等この事も昔の話です。
国産ハイブリット車が続々と平均的に20km超えを成し遂げており、外車が燃費が悪く維持費がかかるという時代は終わっています。

外車にもハイブリット車が続々と登場しており、軽油を使ったディーゼル車やダウンサイジングターボによる燃費の向上の工夫がされる事で、外車の維持費が安くなりお財布に優しくなってきています。

③外車が壊れやすいというのも昔の話

外車はすぐに壊れたり、当たり外れが大きく、修理などの維持費が嵩むというというイメージが強いです。

しかし、最近では日本の技術力が評価されており、外車の心臓部のコンピューターやカーナビなど様々な電子制御にメイドインジャパンが採用されています。

いわば、外見は外車の中身は国産です。
よって、国産車とさほど大差のない維持費が実現できています。

④修理部品は入手困難ではない

「交換部品が本国にしかなく、空輸による輸入しかできず高額の運送費と長期の納期待ち、その間は代車生活。」なんて事はもうありません。

パーツは大体が国内メーカーにストックされてあるうえに、国内生産パーツも多いので部品の入手は容易にでき、余計な空輸代などがかからない事が維持費の削減につながっています。

⑤専門店によって安くなった修理代、車検

故障した時でも今は外車修理専門店や、車検も外車対応のお店が増えたので修理代、車検代など国産車とほぼ変わらないラインまできています。

理由としては、外車独特の構造が、最近は国産車とほぼ同じ構造に変化しているので特別な知識が要らない事と、部品調達が容易になり維持費がだいぶ抑えられる様になったからです。


いかがだったでしょうか?

想像よりも外車の維持費がかからない事がお分かりいただけましたでしょうか。
構造も勿論ですが、外国車メーカーが車への考え方、地球へのエコを意識し始めた事によって外車の維持費が安くなってきています。
また、日本の高い技術力が評価されており、多くの技術が取り入れられています。

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ