輸出用中古車を調達する7つのルート

輸出用中古車を調達する7つのルート

今や車屋さんだけでなく会社員の多くが輸出用の中古車を調達し、海外に輸出する副業が流行っています。
ルートさえ、確立できれば、一攫千金のビジネスですが、なかなか素人には難しいようです。
では、ビギナーの人にとって、どのように輸出用の中古車を調達すればよいでしょうか?


輸出用中古車を調達する7つのルート

独自ルートで海外に輸出する人もいますが、大半は、今から紹介する方法で輸出用の中古車を調達しています。
これから紹介する調達方法のメリットとデメリットを見極めてください。

①ネットオークション

ヤフーや楽天のネットオークションがあり、数あるオークションのカテゴリ内の一つに車の部門があるのでそこから入札できます。

メリットは気軽に安価で入札できます。

デメリットは、出品している人が個人から法人まで幅広いので、落札し調達した際に、輸出車としてのクオリティが無い場合がありますので、落札する前に質問や写真等をしっかりと見ておきましょう。

②中古車ディーラー会社

知合いや最寄で中古車ディーラーがいる場合は、輸出用の中古車を調達できます。

メリットは実店舗なので安心です。

デメリットとしては、輸出用の車で指定車種を調達する場合に、在庫がないと難しかったり、オートオークションと比べて維持費がかかるのでその分高く卸値が設定されます。

③トヨタオートオークション(TAA)

国産メーカーのトヨタだけあって大きい規模でやっています。オートオークション随一の規模といっても過言ではありません。

メリットは、流通ルートがしっかりしているので万が一落札後にトラブルがあっても対応してくれます。

デメリットとしては、トヨタ車が主力なので他の輸出用の中古車を調達しにくいです。

④中古車オークション(USS)

国内最大のオークション会場があります。
インターネットや衛星TVを駆使して、リアルタイムにどこでも入札できます。
デメリットは、常設展示場と事務所が無いと入会審査に通りません。

⑤CAAオートオークション(CAA)

車種が多いので、輸出用の中古車を調達しやすいです。
デメリットは、入札者が多いので競争率が高いです。

⑥ホンダオートオークション

全国で730のホンダディーラーから出品されています。
輸出用の中古車の特性がよく分かります。
デメリットは、ホンダ車が多いので、他のメーカーの車が調達しにくいところです。

⑦ハナテンオートオークション

開設して30年と実績があるオートオークションです。
デメリットは、大阪府松原市にしか店舗がないので、大阪以外で輸出用の中古車を調達しようとするとコストがかかるところです。


いかがだったでしょうか?

やはり主流なのはコスト面も含め、オートオークションでした。
ただ、未知の可能性で掘り出し物を期待するなら、ネットオークションや一般店舗が良いです。
ぜひ、用途にあった輸出用の中古車を調達してみてください。

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ