車に優しい5つの運転のコツ

車に優しい5つの運転のコツ

最近景気もあまり宜しくなく、昔のように車を簡単に買い換えることも出来なくなりました。
当然一台の車を長く乗る事になりますが、運転の仕方のちょっとしたコツにより車の劣化を遅らせ、長持ちさせる事が可能です。
それでは車に優しい運転におけるコツとはどのようなことでしょうか?


車にも環境にも優しい運転のコツ

車に優しい運転=長持ちさせる運転、裏を返せば傷みを促進させる無駄な操作をしない事がコツと言えます。
広い意味での車の運転とは整備的要素も含まれてきます。
以上を踏まえて長持ちさせるコツを解説していきます。

①走る前にタイヤの空気圧をチェック

これは何も車の運転前にタイヤゲージで空気圧を測れという事ではなく、目視で良いので四本のタイヤ状況を見ようと言う事です。

釘を踏んでペシャンコのまま走ると、高価なアルミホイールが台無しになってしまいます。
また空気圧が低い場合、最近流行りの扁平タイヤ程影響が出やすく、穴ぼこを踏んだ時ホイール破損の危険性大です。

更に、車の燃費は空気圧に大きく左右されますので、こまめにチェックするようにしましょう。

②エンジン始動即発車は禁物

通勤で忙しい朝はやむを得ないとしても、いきなり高回転を使う運転は厳禁。出来るだけアイドリングに近い回転で静かに走る事がコツです。

エンジンが冷えたままの運転は車に優しくありません。
オイルがエンジンのピストンリングなど摺動部に行き渡り油音水温が上がってくるまで、全力運転を控えるのがコツです。

③シグナルGPで勝っても得は無い

青信号に変わった途端、物凄い勢いで飛び出していく隣の車。
しかし、次の赤信号でまた並んでいたという事がよく有ります。

過大な加速でガソリンを喰い、高い速度から一気の減速でブレーキパッドを余計にすり減らす。
そして結局後から来た車と並んでいた。

エネルギーの無駄な消費にしかならず車に優しい運転になりません。

④カーブの曲がり方のコツ

減速する→ハンドル切って車体が外に傾く→ブレーキ解放して旋回加速する。
この三つの動作をスムーズに繋げる事が車に優しい運転のコツでもあります。

これを乱暴に一気に行う事は、ブレーキやタイヤ、サスペンションなどの劣化に繋がります。同乗者からすれば乗り心地も悪いです。

同乗者が上手いと感じる運転が車にも優しい運転です。

⑤オイル交換は定期的に行う

人間にとっては血液に相当する車のオイル。オイルには潤滑とは別に洗浄能力もあり、エンジン内の汚れを除去する働きをしています。

運転と直接的な関連性は低いですが、オイルが劣化してくると、潤滑や洗浄能力が低下し、色々な不具合が出てきます。
定期的なオイル交換は車を長持ちさせる為の重要項目であり、広い意味で優しい運転に繋がります。

安いグレードのオイルでも構わないので、定期的に交換するのがコツです。


いかがだったでしょうか?

文字で表せば当たり前の事柄が多いですが、思い当たる節は有りませんか?巷でよく聞くセオリーの一つ一つには必ず意味があります。
面倒くさい・急ぎたい・飛ばしたい、そんな気持ちが反映される運転は車に優しいとは正反対の結果に繋がる事が多いです。
急がば回れがコツ!

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ