車買取の5つの本当の評判

車買取の5つの本当の評判

一般的に車を買い換える場合に現在乗っている車を処分する方法としては、下取りと並んで車買取業者による買取の手法があります。

最近値段が高く付くという理由で巷の評判では買取が好評ですが、実際の評判はどのようなものでしょうか?


車買取における5つのデメリット

世の中の事象には表の面と裏の面、良い評判と悪い評判が必ず有ります。
果たして本当に車買取はメリットばかりなのでしょうか?

実際面で車買取のデメリットについても考察してみましょう。

①電話攻勢

これはインターネットなどで一括見積をした際に顕著ですが、何社の車買取業者から電話が連続でかかって来ます。

そしてそれぞれに対して日時を決めて見積もりの段取りをしなければなりません。

各社の買取担当者とそれぞれコンタクトを取って実際に査定してもらう手間に根負けして、適当な値段で売ってしまうケースまであります。
貴方はこのプレッシャーに耐えられますか?

②二重の手間

ディーラーに下取りしてもらう場合は親車の購入と現在の車の処分が一度で終わってしまいますが、車買取を選択した場合は購入と処分に手続きが分かれて二重の手間となります。
これも大変と言えます。

③足が無くなる

車買取の場合売買成立→即車売却ができます。次の車を購入する前に現在の車を売却してしまうと当然の事ながら移動や通勤の足が無くなります。

購入後売却ならなんら問題は有りませんが、あらかじめ先を見通した段取りが必要です。

④価格が変動する

上記③にも関連しますが車の買取値段はその時の季節などの要因で一瞬で変動します。
ゆえに業者は車に値段を付けた瞬間に即買取実行します。

逆に言えば売り手側からすると売り値が読みにくいです。
しかしこれは思わぬ高値がついたりと良い結果に転じる場合もあります。

⑤その他トラブル

全国的大手で評判の車買取業者のカーネクストやカーセンサーでは心配ありませんが、高値に釣られて得体の知れぬ小さな車買取業者に売った場合、名義変更がされず後々税金などトラブルになる場合があります。
電話を掛けても元々架空の番号で通じなかったりします。

また、最初は高い買取値を売り手に見せて引き付けておいて、実際見積もりを作成する段階で得体の知れない名目でマイナス査定を連発して、気が付いた時には下取よりも安い値段になってしまったケースさえあります。

この業界は残念ながら程度の低い悪徳業者も少なからず存在します。五感を最大限に働かせて、危ない業者を回避しないと後でものすごく高くつく羽目になりますので、気を付けましょう。


いかがだったでしょうか?

巷の評判とは異なり車下取りではなく車買取業者を選択した場合は、上記5つの悪い評判が浮かび上がってきます。

しかし逆にいうと、上記の5つにさえ気をつければ、高く売却出来るメリットしかありませんので、自分の条件などをよく考慮した上で車買取を選択するのが賢いやり方です。

今すぐ一括査定しよ

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ